痩せるには順番がある

ダイエットをはじめる時に、単純に体重を落としたいという人もいれば、脚やウエストや顔など部分的に痩せたいという人もいるかと思います。
でも体重は減ってるのにどこが痩せたのか見た目にはわかりにくい時があります。
実は体には部位別に痩せる順番があるのです。

この痩せる順番を知ることで上手にダイエットがすることができるのです。
「二の腕ダイエット」や、「お腹周り痩せダイエット」などの部分痩せと言われるものですが、厳密に言うとこういった部分痩せは出来ません。
例えば、ダイエットしても顔だけ痩せないという人は、顔に痩せる順番が回ってくるまでダイエットを続けていない可能性があります。
もしも痩せる順番が遅い部位を、真っ先に細くしたいというなら、食事制限に加えて筋力アップを行うことが重要となります。
絞りたいパーツの筋肉を同時に鍛えることで、目的の部位がスリムになるスピードを早めることができるようです。
では実際にどこから痩せていくのか順番を知っておきましょう。

基本的には、肝臓から遠い部分から痩せていきます。
手首・足首、腕、ふくらはぎ、肩、上腕、太もも、胸・顔、お腹、お尻。これが痩せていく順番で、ちなみに太る時はこの逆だそうです。
お腹や顔など気になっている方の多い部位は、ダイエットも終盤に近づくころにようやく効果が目に見えてきます。
顔は肝臓から離れていますが、痩せるのは後半になります。
なぜかというと頭部は栄養がたくさん必要な脳があることで、効果が急激には現れないのだそうです。
また、ふくらはぎは結構早くから効果が出やすい部分のようですが、これは脂肪が落ちているというよりも、運動などによってむくみが取れて、細くなっているからです。

脂肪にも痩せる順番がある

脂肪はエネルギー源となったり、体温を保ったりと、人の生命維持に欠かせないものです。
そのため運動や食事制限をして脂肪が燃焼するときは、脂肪が付いた状態では生命の維持活動の妨げになる部分の脂肪が先に燃焼して、脂肪が付いていようがいまいが、どちらでもいいような部分は後から燃焼します。
脂肪には内臓のまわりにつく内臓脂肪、肝臓にたまる肝臓脂肪、そして皮下脂肪がありますが、その中でまず一番最初に使われるのは、肝臓脂肪です。
次に内臓脂肪、最後に皮下脂肪という順に燃焼するのです。
そして皮下脂肪にも部位別に順番があり、それが前述の「痩せる順番」になります。
顔やお腹などは皮下脂肪によって内部を守っているので、後から痩せます。
ダイエットの始めにお腹周りがスッキリすることもありますが、もしかしたらそれはお腹の内臓についていた脂肪が落ちたのかもしれません。
スリムな方でも内臓脂肪が多い「隠れ肥満」などもあるそうです。
つまり皮下脂肪が多いウエストやお尻、太もものあたりが痩せるのは、ダイエットの後半ということです。
皮下脂肪は少し食べ過ぎても比較的簡単に付くのに、ダイエットしようと思うと一番最後に痩せる部位なのです。

このページの先頭へ