みんなが疑問に思っている事にお答えします

Q&Aコーナー

Q.食事量の多いときだけゼニカルを飲んでも大丈夫ですか?

A.ゼニカルは、脂っこい物をたくさん食べた時に飲むと一番効果を発揮します。
したがって、食事量が多いときに飲んだ方が効果は高いですが、たくさん食べたときだけ飲めばいいかというとそういうわけではありません。
脂肪はそのままのサイズでは、大きすぎて人間の体では吸収することができません。
リパーゼという酵素が分解して小さくしており、ゼニカルはこのリパーゼの働きをゆるやかにすることで、脂肪の分解を妨げます。
分解されなかった脂肪は、サイズが大きすぎるので吸収することができず、そのまま体の外に出ていくことになります。
データによれば、食事の中の30%の脂肪が分解吸収されることなく、体外に排出されます。
なので、脂肪の多い食事を取ったときほど、吸収されずに排出される脂肪の量は多くなる、つまりゼニカルの効果が高くなるということになります。

Q.薬の効果的な飲み方はありますか?

A.ゼニカルの効果的な飲み方として、朝と夜は油物を控え、外食が多く脂っこくなりがちな昼食の際に飲めば、ゼニカルの効果を十分発揮できます。
そういう飲み方すれば薬代も抑えることができるメリットもあります。

Q.ゼニカルの持続時間は?用事があるときは何日前から服用をやめればいいですか?

A.ゼニカルの体内での半減期は1時間なので、例えば朝食時に飲んだゼニカルの効果は、昼食時には効果が薄くなってしまいます。
8時間もすればほとんど薬の効果は残っていません。
大きな効果を期待する場合には、3度の食事の際にその都度飲むようにしましょう。
ゼニカル自体の持続時間は実質的に1時間程度になりますが、その1時間で体が全く通常の状態に戻るわけではありません。
効果自体は消えても油を含んだ便は体内に残っています。
この時吸収されなかった脂は、通常の排泄と同じようなサイクルで体外に出ていきます。
吸収されないだけで消えてしまうわけではありませんので、しばらくは体内に留まり、大体24~48時間以内に本人の意思とは関係なく排出される可能性があります。
何か大事な用事がある場合には、2日前からゼニカルの服用は避けるようしましょう。

Q.1日に何錠まで服用しても大丈夫ですか?

A.ゼニカルの服用は、1日に最大3錠までにしておきましょう。
効果があるのは、基本的には服用してから1時間とされているので、朝食、昼食、夕食の際に服用してもらえば大丈夫です。
ただし、服用間隔は2時間以上あけるようにしましょう。

Q.ゼニカルは海外で購入できますか?

A.日本では輸入代行によって手に入れるしかないゼニカルですが、海外では普通に購入が可能です。
例えば、シンガポールはゼニカルを販売しているロシュ社のアジア拠点です。
流通量も多く、普通に薬局に行けば購入できることもあります。
なかった場合でも、病院で処方してもらえば手に入れることができます。
タイでも同じように購入は可能ですし、他にも薬局や病院でゼニカルを手に入れることのできる国はいくつかあります。
個人輸入代行業者を使って購入するよりも、比較的安価で手に入るのもあって海外旅行のおみやげに買っていく旅行者も多いようです。
しかし、ここで気をつけなければいけないのはゼニカルを買って帰国し、他人に渡すことは薬事法で禁じられていることです。
自分で買って自分で使う分には問題はありませんが、おみやげとして他人にあげるのは処罰の対象となっています。

このページの先頭へ