ゼニカルを病院やクリニックで購入

価格は高いが安全安心

ゼニカルは、主に美容外科、美容皮膚科などで処方してもらうことになります。
健康保険適用外となり全額実費となります。
また、風邪やインフルエンザのときに病院へ行くのと違い、すべての病院で処方できるわけではありませんので、専門の医療機関を探すことも必要です。
金額も病院によって異なるのでしっかりと調べてから行くことをオススメします。
病院での購入は医者から相談を受けれるので安全性も高く安心できる点ではメリットといえるでしょう。
他の病気が併発しそうな方や副作用が心配な方は定期的に診断を受けるようにしましょう。

ゼニカルを個人輸入業者を利用して購入

価格は安いが不安要素あり

インターネットが普及した現在では、ゼニカルは個人輸入でも購入することができます。
個人輸入で購入する方法は2つ。ひとつは自ら海外サイトを利用して購入する方法です。
しかし、この方法を利用するには言語能力が必要不可欠です。
現地の言葉を理解していないと、まったく違った商品が届いたり、最悪の場合は届かない場合もあります。
また、商慣習も日本とは違うために購入金額も高くなる可能性があります。
言語能力に自信がない場合は、日本の個人輸入代理サイトを利用する方法をオススメします。
すべて日本語で商慣習も日本と一緒なので安心です。
ただし、これらの業者はあくまで製品を販売しているわけではなく、製品の輸入を仲介する代行業者であるため製品に関してのトラブルなどは一切関与してくれません。
また、問い合わせも受けられないことが多いので自己責任のもとの購入となります。
個人輸入のメリットはお薬を安く購入できることと、自宅で簡単に購入できるところにあります。
購入しやすいサイトを見つけたらダイエットだけではなく、他のお薬もチェックしておくと今後に役立つかもしれません。

2つを併用しながら購入する

どちらの購入方法もメリット・デメリットはあります。
自宅の近くに病院がない場合、通うのは一苦労します。
それに比べて個人輸入の場合は自宅で購入できます。
しかし、どちらかだけを利用するのではなく、まず初めは病院で処方してもらい、その後、インターネットで購入しコストを抑え、定期的に病院へみてもらう方法をオススメします。

このページの先頭へ